有名企業のビジネスモデル

経済はグローバル構造へと変化した

冷戦構造の瓦解した現在、世界の経済を握っているのは、資本主義構造です。
資本を集めて、それを元手に新たな製品やサービスを開発して、それを人々に売ることで利益を作り、そこで生まれた余剰利益を更に、次の商品やサービスの開発へと向けることが重要なこととなっています。
さらに、IT革命や空輸の確立、各国が加盟する国際連合や同盟などによって市場は全世界へと拡大されました。
生産拠点やマーケティングの拠点も地域ごとに本拠地を設置することなど、もはや経済を自国だけで完結させるということでは発展は望めないグローバル経済へとシフトしました。

グローバリゼーション

このような中で、世界的な有名企業へと成長した企業のほとんどが、経済大国に本拠地をおいている企業であるということは誰もが認知していることでしょう。
例えば、IT革命の波に乗って一躍世界的な企業へとなりあがり、現在でもその勢いを維持したまま次々と新しいサービスを提供しているグーグルです。
グーグルは、いまや世界で最も利用されている検索エンジンを開発し、そのシェアは実に90%を超えたものとなっています。
また、それだけでなく、地図検索サービスや地球儀を丸ごと、シミュレーションすることができるソフトウェアやインターネットサーバ上で展開されるメールシステムやクラウドシステムの開発も行っています。

その他にも、コンピュータ分野では、パソコンを世界に広く浸透させるパイオニアとなったマイクロソフト社やアップル社など、技術の進歩によって物を売らずに、サービスやソフトを売ることでも莫大な利益を生み出すことができるような構造が発達してきています。

世界的な大企業とマーケティング

人の生活の根本を支え、暮らしを豊かにすることが目的である、飲料や食品などのメーカーはIT企業とは違って、物を売ることになるので、売上から人件費以外にも多くの、原料費や生産コストなどがかかってきます。
車を作るのには、約4万個とも言われる部品を集めなければなりませんし、それらを作る人や、テストをする人、実際に販売をする人など、様々な人との連携が必要とされます。
そのため、世界的な大企業といえども、利益を作り出すためには、コストカットなどを考えた上で様々な試行錯誤を繰り返しながら最適化を図っていくことになります。

そこで、重要となってくるのがマーケティングです。
マーケティングは「どのようにすれば利益を上げることができるのか」ということを総合的に考えるところから始め、市場開拓や生産方法について協議しながら、企業の形態をより最適化されたものへと導くことを指します。
この仕事は、経営者によって考えられることが多く、今では、シンクタンクと呼ばれるような、マーケティングに対する意見を言うための専門的な役職を置いている企業もあります。
その戦略がはまり、大きな成功を収めた会社、経営学の教科書やメディアなどでも取り上げられるようになり、それぞれが成功したビジネスモデルとして確立されていきます。

ここでは、様々な世界的な企業のマーケティング方法やビジネスモデルについて紹介します。

>>コカ・コーラ
世界で最も知られている炭酸飲料だと言える、コカ・コーラを開発し販売している大企業の運営方式や歴史について紹介します。

>>アップル
他の、コンピュータ会社と一線を画すデザインや商品展開で知られ、iPhoneの発売によってスマートフォンの業界でも強い勢力を持つようになったアップルのマーケティング戦略とは一体どういうものなのでしょうか。

>>ユニクロ
もともとは、中国地方の小さな小売店だった、衣料品メーカーがどのようにして日本を代表する衣料メーカーとなったのでしょうか。

>>トヨタ
先進国だけでなく、発展途上国に対しても市場を確保し、世界の中でも有数の規模を誇るトヨタの運営方式について紹介します。

>>サムスン
韓国の財閥の中でも、ぬきんでた業績を誇り、経営者のワンマン方式によって成長してきたサムスンの戦略について知っておきましょう。

>>マクドナルド
世界でもっとも有名なファーストフードチェーンである、マクドナルドの流通方式や経営方法から、どのようにして低価格を実現していくのか説明します。

>>セブン&アイホールディングス
コンビニエンスストアの24時間営業に初めて取り組んだセブンイレブンの歴史について紹介します。