ネットビジネスモデル

ネットビジネスの登場

2000年前後になり、爆発的に普及したインターネットは、今やこれを利用しないで生活をすることはできないのではないかというほどの、利便性を誇るようになりました。
これは、生活だけではなくビジネスシーンにおいても同じです。

IT企業の登場

インターネットが開発された当初は、ごく一部の企業をのぞいて、それをビジネスシーンで利用と考える人はそう多くありませんでした。
しかし、SNSサイトの登場や、ニュース、情報のやり取りなどにインターネットが大きな可能性を持っていることに気付くと、インターネットを利用して広報活動を行うようになりました。
とはいえ、一般的な企業ではコンピュータのプログラミングやインターネットに詳しい人などは一握りしかいませんでしたから、外注に頼ったり、自社で新たに事業部を立ち上げて活用の道を模索したりする必要がありました。
そこで、登場してきたのがIT企業です。

利益率と利便性

IT革命がもたらしたのは、圧倒的なスピードでした。
国内のみならず、地球の裏側まで、たった数秒で情報をやり取りが行えることや、情報を収集することや、データを管理することに関してインターネットやパソコンがもたらした利便性は、それまでのビジネスの方法を一変させるものとなっていきます。

IT革命については、このようなウェブページでも紹介されており、いかに世の中が大きな影響を受けたかについて知ることができます。
>>Nature Net:環境経済・基礎講座

IT企業は、それらの情報を円滑に検索できるようなシステムや、求人や物件などの人が欲しいと思う情報を集約して公開し、仲介手数料を取るような形でのビジネスを考え出します。
このビジネスは、メーカーと違い、物を作るわけではないので、人件費や機材費以外にコストがかからないことや、それを行える技術者が当初は少なかったことから圧倒的な利益率をはじき出すことになりました。
また、これらを検索して調べるユーザーはパソコンや携帯電話の普及によって爆発的に増加していきます。
現在では、ほとんどの情報をインターネットを利用することによって得られるようになり、その利便性はその他のメディアとは一線を画すものとなっています。

ネットビジネスモデル

シリコンバレーに本社を構えるIT企業は世界的な大企業であることで知られており、現在でも様々なサービスが開発され、提供されています。

一方でインターネットを使ったビジネスは、場所を選ばず、コストを必要としないために、それ以前のビジネスモデルを頼りにしていては利益率が悪くなってしまうものでした。
このため、IT企業は、その先駆けとも言われるアップルやマイクロソフトのビジネスモデルを参考にしながらサービスの展開方法や営業の仕方を生み出していきます。

ここでは、現在インターネットで行われている様々なビジネスについて紹介していきます。

>>求人サイト
インターネットのサイトの中には転職や就職先を探すことを支援するためのものがあります。
近年の転職先に同行と、求人サイトの仕組みやビジネスモデルについて紹介します。

>>SNS
コミュニケーションツールとして欠かすことができなくなっているのが、近年のSNSの収益モデルや、運営方法について紹介します。

>>ポータルサイト
ポータルサイトはどのような方法で収益を挙げているのでしょうか。

>>コンテンツ提供型ビジネス
インターネットを利用して、動画や音楽の配信を有料で行っているサービスをコンテンツ提供型サイトと言います。

>>電子商取引
消費者視点ではなく運営側の視点からどのような収益をモデルを利用しているのかについて紹介します。

>>アフィリエイト
ウェブサイトの一部分に、外部サイトへのリンクを兼ねた商業用バナーを貼り、そこから広告料などを利益とするアフィリエイトの方法論について説明します。