ファミリーマート

人口や世帯を考える

ファミリーマートは日本を代表するコンビニの一つであり、全国各地に店舗が展開されています。
都会だけではなく地方にも多数の店舗があるファミリーマートのビジネスモデルに興味のある方は多いでしょう。
どのような経営戦略をもとにして今日のような成功をおさめたのでしょうか。

まず、ファミリーマートでは人口構成の変化に注目しています。
これからは高齢者の割合が高まっていくことは多くの方がご存知でしょう。
さらに団塊ジュニア世代である40代も消費活動を積極的に行うことが予想できるため、この世代をターゲットとした商品開発を重視しています。

また、現代は単身世帯が増加しており、独身の方が増えているため、単にファミリー向けのサービスを重視するのではなくて、単身者にも目を向けることが重要だと考えています。
働く女性は明らかに増えており、30代の女性の7割近くが労働をしていることが分かっています。
そのため、働く女性もターゲットとして非常に重要だとファミリーマートは認識しています。

このような人口や世帯の傾向を踏まえた上でファミリーマートのビジネスモデルは考えられています。
商品開発においてはターゲットを明確にして、さまざまな世代の方にそれぞれ好まれるような品揃えの拡大を図っているのです。
社会の要請に対応するため店舗機能の拡大も重視しています。

より店舗数を増やして、現在よりもさらに店舗のバリエーションを増やそうとしています。
店舗からの情報を常に分析して、社会の変化に柔軟に対応できるような環境も整っており、これによって的確な戦略立案が可能となっているのです。

ファミリーマートが行う事業

ファミリーマートの事業としては国内だけではなくて海外への店舗展開も実施しています。
たとえば、世界一の人口を有する中国に対してファミリーマートを出店させて、同国でのトップチェーンになることを目標としています。
日本で成功したノウハウを中国のコンビニにも適応させて成功しているのです。

日本国内ではプライベートブランドを生み出しています。
ファミリーマート独自の商品開発を行っており、これを国内だけではなくてグローバル展開しています。
日本からどんどんプライベートブランドを海外へ輸出して、世界においてファミリーマートブランドの存在感を高めることを目指しているのです。

新規事業としてはたとえばドラッグストアや調剤薬局との連携を開始しています。
2012年に東京千代田区において新業態の店舗が開店して、それ以来その数は増えています。
スーパーマーケットとの協業も実現しているのです。

さらにはカラオケボックスや外食との協業にも着手しています。
このように積極的にさまざまな方面へ事業展開をしている点にファミリーマートの強さがあります。