ドナルド・フィッシャー

ファストファッションというジャンルを確立した人

ドナルド・フィッシャーは、大人気のファッションブランド「GAP」の創業者です。
生まれは1928年9月3日、アメリカ合衆国のカリフォルニア州サンフランシスコでユダヤ系の家庭に生まれました。

中流階級として幼少期を過ごしており、無難に高校から大学に進学し23歳でカリフォルニア州バークレー大学を卒業しています。

大学卒業後は家業として家具販売を継ぐように言われていたのですが、専攻していた不動産ビジネスに興味を感じるようになり、家業以外のビジネスのこともよく考えていたといいます。

結局卒業後は軍で事務仕事をしながら家業の家具販売もするという生活に入るのですが、1960年代に入りやはり自分でも事業を始めてみたいという決意を固めます。

最初の頃はいくつかの事業を初めては成功と失敗を繰り返すことを重ねていましたが、転機となったのはサクラメントのホテルを購入し、その一角をリーバイスの営業マンに貸すようになったことでした。

そこでリーバイスのジーンズをいくつか自分でも購入をしてみて、サイズ展開が少なく交換できる品物が少ないという不自由を実感します。

そのときの経験がドナルド・フィッシャーにファッションブランドを始めさせる原点となり、41歳の1969年にGAPの1号店をオープンします。

オープン当初はリーバイスのジーンズを大量に取り扱う店としていたので、最初の頃はGAPはリーバイスを売るお店というイメージが浸透していました。

しかしもともと素人はだしの感覚で始めたファッション店だったので、自社でよい品物を選んで提案することができず、結局安値を売りにすることでしか売上を上げることができませんでした。

のちに買い付けをするバイヤーを雇うことでデザイン面でも優れた営業をすることができるのですが、この安くよいものを売るという精神は今もファストファッションとして引き継がれています。

信頼できる人を見つけて任せたことが成功の秘訣

ドナルド・フィッシャーは2009年に亡くなっていますが、1995年までは最高経営責任者(CEO)として長く会社の経営に携わってきました。

GAPが当初から経営方針としてきたのは、ヒッピー運動から注目されるようになった子供と大人の中間点にあたるティーンに向けたファッションを提案するということでした。

GAPという名称もそのまま「ジェネレーションギャップ」という言葉から付けられたもので、シンプルで着やすい洋服ということでデザインを選定しています。

ドナルド・フィッシャー退任後に事業を拡大させたのは、信頼できる周囲の人だったとのちに自伝で語っています。
家族や妻、会社のパートナーなどに恵まれたことが成功の要因だったとのことです。

続きを読む

イングヴァル・カンプラード

5歳からマッチを売っていたという北欧の家具王

イングヴァル・カンプラードは、日本でも大人気に家具メーカー「IKEA」の創業者です。
現在IKEAは世界中に出店をするグローバル企業として高い知名度を得ており、2011年の総売上高は250億ユーロ、総従業員数は10万人を超えています。

なお「IKEA」という店名は「Ingvar Kamprad, Elmtaryd, Agunnaryd」という言葉の頭文字を組み合わせたもので、イングヴァル・カンプラードがかつて育った農場の名前の「Elmataryd」と、出身地であるスゥエーデン南部地方にある都市「Agunnaryd」を使っています。

創業者の生い立ちがそのまま社名になっているということからもわかるように、IKEAはグローバルな業務展開の反面、非常に閉鎖的な経営方針を取っているところに特徴があります。

IKEAは世界中のどの市場にも株式を公開しておらず非上場経営を貫いています。
一見上場をすることで多くの投資が集まるので事業拡大に役立つようですが、経営権を限定させることがIKEAらしい営業をすることができているとイングヴァル・カンプラードは発言しています。

個人資産は4兆円を超えるとされるイングヴァル・カンプラードですが、子供時代は貧しい生活をしていたようで5歳からマッチを売って生活していたというエピソードはあまりに有名です。

成績のご褒美で貰ったお小遣いを元手に17歳で創業

イングヴァル・カンプラードがIKEAを最初に立ち上げたのは17歳のことです。
特徴的なのが、そのきっかけが学校の成績に対してのご褒美として親からもらったお小遣いをそのまま創業資金にあてたという点です。

社名は当時から「IKEA」で、安値で販売するというところにこだわり、注文を電話や郵便で受け付けてそれを牛乳搬送用のトラックを使って配達するというスタイルをとっていました。

最初は文具や財布、ペン立てといった家庭用雑貨をメインにしていましたが、地元に安く家具を仕入れることができる業者を見つけてから家具販売をメインにし始めます。

1951年には専門のカタログを発行して、それを見て注文を受け付ける現在のスタイルに近いビジネスモデルを確立します。

さらに地元にいた競合他社との差別化のため、IKEAショールームという実際に製品を見て選べるお店をオープンさせるということを1953年から開始しています。

イングヴァル・カンプラードはIKEAの販売戦略についてとにかく価格を下げることを徹底していると何度も発言しています。

現在は実質的なビジネスの現場は引退してはいますが、今もIKEAの広告塔として多くの場所に登場をしています。

続きを読む

カーネル・サンダース

40種類以上の職業を経験した苦労人

カーネル・サンダースといえば、全国にある「KFC(ケンタッキーフライドチキン)」の店頭にある白い像として知られています。

おなじみの等身大の像では上品な白いスーツにステッキと大富豪の雰囲気のある姿をしていますが、実は本物のカーネル・サンダースは非常に貧しい幼少期を過ごし、事業を開始してからも多額の負債を抱えた時期もある大変な苦労人です。

生まれはアメリカ合衆国のインディアナ州ヘンリービルで1890年9月9日が誕生日です。
「KFC」というお店の名前からケンタッキー州が故郷のように思えますが、実は故郷はケンタッキー州最大の都市ルイビルとオハイオ川を隔てた隣に位置しています。

実は「カーネル・サンダース」という名称は本名ではなく、「カーネル(Colonel)」はケンタッキー州に貢献をした人に与えられる称号です。

本名はハーランド・デーヴィッド・サンダースで、のちに「カーネル」の称号を得たことでそれを通称として使用しています。

幼い頃に父親を亡くしており、工場で働く母親を少しでも助けようと6歳の時から料理を始めたといいます。
7歳のときには母親と弟妹のために焼いたパンを褒められるほどにもなっており、このときに自分の作った料理で人を笑顏にするという喜びを知ったと後に語っています。

10歳からはさらに家計を支えるために仕事に出るようになり、このときに経験した仕事は農場や電車の車掌、判事の助手、保険外交員、セールスマン、修理工、ボイラー技士など全部で40種類以上にもなります。

15歳のときには母親の再婚相手からDVを受けて家出をしたこともあり、年齢をごまかして軍隊に入ろうとして1年で除隊になるといった経験もしています。

財産を失っても料理のレシピを武器に立ち上がる

サンダースが自分の会社を立ち上げたのは30代後半になってからで、最初はガソリンスタンドとしてお店を構えます。
のちにそのスタンドの一部に6席のみの小さなレストランを開き、その料理のおいしさで一躍有名になります。

しかし道路沿いにあったお店は近くにバイパスができたことで一気にお客が減り、さらに不況の影響もあってガソリンスタンドは倒産をしてしまいます。

さらにレストランも家事で焼失をしてしまい、サンダースは自分のお店と資産のほとんどを失ってしまいます。
このとき既にサンダースは65歳を超えており、一旦は事業から身を引きます。

ですがサンダースには秘伝のレシピである「11スパイス」をもとに、それを使って売れたチキン1つあたり5セントを受け取るという商売をはじめました。

自ら多くのお店を周りチキンレシピの契約をとる営業を地道にしていった結果、73歳までに600店との契約を獲得したといいます。

続きを読む

スティーブ・ウォズニアック

Appleを作ったもう一人の天才

スティーブ・ウォズニアックは、Apple社をスティーブ・ジョブズとともに作ったもう一人の天才です。
Apple社というとやはりスティーブ・ジョブズという印象が強いですが、Apple社の確かな製品性能の基礎を作ったのはこのスティーブ・ウォズニアックあってのことです。

スティーブ・ジョブズはマーケティングとプレゼンに天才的な能力を持つ人であったためフロントマンとして多くの場所で活躍をしてきましたが、スティーブ・ウォズニアックはいわば裏方の仕事をする専門のエンジニアでした。

愛称を「ウォズ」と呼ばれジョブズとともにパーソナルコンピューターの黎明期で優れた製品開発に関わっており、最初のヒット商品「AppleⅡ」をほぼ独力で作りました。

早くして亡くなったスティーブ・ジョブズと異なり、スティーブ・ウォズニアックは2017年の時点で66歳とまだまだ元気に多くの場所で活躍をしています。

優れた実績はアメリカ合衆国から高い評価を得ており、アメリカ国家技術賞とグレース・ホッパー賞(35歳以下のコンピュータ専門家から選ばれる賞)を過去に受賞しています。

子供の時からエンジニアリングに優れた才能を発揮

スティーブ・ウォズニアックという名前はアメリカ人ではちょっと珍しいですが、これは両親の家系がともにポーランド系であったことに由来しています。

ただし生まれはカリフォルニア州サンノゼなので、家系的にはポーランドでも国籍的には純粋なアメリカ人です。

6歳のときにアマチュア無線の免許を取得し、自作で無線機を組み立てたとされています。
13歳のときにはトランジスタで作成したコンピュータで科学コンクールで優勝をしています。

スティーブ・ジョブズと出会ったのは1971年の21歳の時で、ヒューレット・パッカードのインターンシップに参加したことをきっかけにすっかり意気投合したといいます。

その頃からスティーブ・ウォズニアックが作った機械をジョブスが売るということを行っていたそうで、学生ながらかなりの売上を上げていました。

のちに二人は地元カリフォルニア州でコンピュータショップに製品を卸す仕事をし、そこからApple社を設立することを決意します。

商売上手なジョブズに対して根っからのエンジニアであったウォズはあまり金銭的な執着心はなく、学生時代の商売ではジョブズがかなり分前を不公平にとっていたともされています。

いわゆる「技術オタク(ギーク)」と言われる人ですが、「世界一陽気なギーク」と呼ばれることもあるほど自分の好きなことを楽しんでいることが感じられ、60歳を過ぎた今も好奇心に輝く瞳を見せてくれています。

続きを読む

本田宗一郎

世界一のバイクメーカー「ホンダ」の創業者

自動二輪車では世界一、四輪自動車でも世界第二位のシェアを誇る自動車メーカー「ホンダ」の創業者といえば本田宗一郎です。

本田宗一郎は1906年11月17日に静岡県磐田郡光明村(現在の天竜市)に生まれました。
父親は鍛冶職人、母親は機織りを生業とする家庭で育ち、裕福ではないものののびのびとした子供時代を送ったと言われます。

子供の時から機械に触れることが多く、持ち前の好奇心から組み立てなどをよく行っていました。
父親はのちに自転車販売業を開業し、そこで中古自転車を修理し安く販売するという商売を行います。

世界で初めてガソリン車が誕生したのは1886年のことで、本田宗一郎が生まれるのとほぼ同時期の1900年からはヨーロッパ地域で量産化が始まりました。

日本にも1900年代初頭には初の自動車が輸入されてきており、初めて自動車を見た本田宗一郎はそれを仕事にしたいと強く願うようになったのだと言います。

小学校を卒業して15歳になったとき、一旦は地元を離れて東京の自動車修理工場に丁稚奉公に出るのですが、このときに勤務をした「東京アート商会」での出来事は今も本田宗一郎を語る自伝などに数多く紹介されています。

特に当時東京アート商会の社長であった榊原氏が本田宗一郎に与えた影響はかなり大きく、モータースポーツの世界に引き入れたのも榊原氏であったといいます。

その後1928年に徒弟奉公を終了した本田宗一郎は独立をし、故郷静岡に戻ってアート商会浜松支店を開業します。
なおアート商会は多くの弟子を取っていたのですが、その中で暖簾分けを許されたのは本田宗一郎のみだったといいます。

静岡に戻ってからも精力的にモーターエンジンの開発に勤しみ、自らをドライバーとしてレースに出場もしています。

しかし1936年のレース時に大転倒を起こしてしまい、本田本人は軽症だったものの同乗していたドライバーが脊椎骨折という重症を負ってからは妻の説得によりレース出場はやめています。

戦後に本田技術研究所を設立

転換期となったのは戦後からのことで、1946年に浜松市に本田技術研究所を設立します。
それまでも地元でエンジンなどの製造を行ってきたのですが、太平洋戦争が激化することにより産業は軍用のものに使用され、また数度の爆撃により工場が破壊されるということを経験しました。

戦後からは本格的にモーターサイクルエンジンの開発に取り組み、やがては日本から世界を代表するバイクメーカーとして成長していきます。

本田宗一郎に関する逸話は数多く残されていますが、幼少期から青年期にかけての波乱な経験こそがのちの製品開発の大きな糧になっていると言えるでしょう。

続きを読む