アーロン・レビー

クラウドサービスの「Box」創業者「アーロン・レビー」

20歳、南カリフォルニア大学に在学している最中にBoxというストレージサービスを立ち上げたアーロン・レビーは、学生寮でBoxを立ち上げたことで知られています。
その後、Boxは毎年収益を倍増させ、すでに1億ドルを稼ぎだす企業となっています。

現在は、カルフォルニア州、ロス・案と酢を皮切りにサンフランシスコ、パリなど佐々間な地域にグローバル展開し、投資家が最も注目する企業となっています。
アーロン・レビーは、努力なくして世界に名を知られる企業家となったわけではなく、たぐいまれなる分析力や見極めの力、物事を長期的にとらえる能力を駆使で来たから、今世界に名を連ねる企業家となったのです。

アーロン・レビーの先見の明

クラウドストレージは、差別化が難しいものだということをアーロン・レビーは早くから理解し、Boxのユーザーとしてターゲットを個人から法人に切り替えたのです。
法人が利用するということもあり、デザイン性を重視し、さらにこれから先はモバイル端末の世界になるということを早くから察知し対応しました。

先見の明と物事を長期的に見つめるアーロン・レビーの能力がここでも発揮されたのです。
彼は、テクノロジーについての返還、シフトは10年から15年という長いスパンでしかやってこないのだということを口にしています。
長いスパンで物事を考える、プランを練ることができるというのは大物企業家の特徴ともいえます。

アーロン・レビーは能力だけで成功したわけではなく、知性とそれを活かす情熱も持っています。
仕事にとりつかれているのではと思うほど、24時間行動していたといいますし、Boxに投資しているAndreessen Horowitzの経営者に言わせると、彼は闇の中でも光る実業家と表現されるくらいで、その人柄も行動も、人を引き付ける魅力にあふれているといいます。

ボックスはトロイの木馬のよう

今多くの方が利用しているフェイスブックにしても同じことが言えますが、多くの人、周りの人が利用しているから利用するという人が多いです。
Boxも周りの人が利用するから利用する、同じものを利用しているほうが何をするにも楽だからとして広がっていきました。
さらにほかのファイル共有サービスと比較すると、圧倒的にボックスのほうが優れていて、使い勝手がよく、何より誰でも簡単にファイルを贈ることができるというストレスのなさに、多くの人たちが関心したのです。

この素晴らしく使いやすいボックスに感心したのは個人だけじゃなく、企業で重いファイルを操作する社員も同じです。
Boxはベーシックユーザーとして無料で利用できたため、簡単に利用できましたし、利用するユーザーが多くなれば当然有料プラン、セキュリティが強固なものに移行します。

企業の社員が使いやすいと使い始め、企業内部にユーザーが広がっていくことで、企業として管理者が利用するものとなっていく、トロイの木馬のようにジワリと広がっていったBoxは、まさしく企業の従業員が使いやすいものを作ることが大切というアーロン・レビーの考えに基づくものです。