カーネル・サンダース

40種類以上の職業を経験した苦労人

カーネル・サンダースといえば、全国にある「KFC(ケンタッキーフライドチキン)」の店頭にある白い像として知られています。

おなじみの等身大の像では上品な白いスーツにステッキと大富豪の雰囲気のある姿をしていますが、実は本物のカーネル・サンダースは非常に貧しい幼少期を過ごし、事業を開始してからも多額の負債を抱えた時期もある大変な苦労人です。

生まれはアメリカ合衆国のインディアナ州ヘンリービルで1890年9月9日が誕生日です。
「KFC」というお店の名前からケンタッキー州が故郷のように思えますが、実は故郷はケンタッキー州最大の都市ルイビルとオハイオ川を隔てた隣に位置しています。

実は「カーネル・サンダース」という名称は本名ではなく、「カーネル(Colonel)」はケンタッキー州に貢献をした人に与えられる称号です。

本名はハーランド・デーヴィッド・サンダースで、のちに「カーネル」の称号を得たことでそれを通称として使用しています。

幼い頃に父親を亡くしており、工場で働く母親を少しでも助けようと6歳の時から料理を始めたといいます。
7歳のときには母親と弟妹のために焼いたパンを褒められるほどにもなっており、このときに自分の作った料理で人を笑顏にするという喜びを知ったと後に語っています。

10歳からはさらに家計を支えるために仕事に出るようになり、このときに経験した仕事は農場や電車の車掌、判事の助手、保険外交員、セールスマン、修理工、ボイラー技士など全部で40種類以上にもなります。

15歳のときには母親の再婚相手からDVを受けて家出をしたこともあり、年齢をごまかして軍隊に入ろうとして1年で除隊になるといった経験もしています。

財産を失っても料理のレシピを武器に立ち上がる

サンダースが自分の会社を立ち上げたのは30代後半になってからで、最初はガソリンスタンドとしてお店を構えます。
のちにそのスタンドの一部に6席のみの小さなレストランを開き、その料理のおいしさで一躍有名になります。

しかし道路沿いにあったお店は近くにバイパスができたことで一気にお客が減り、さらに不況の影響もあってガソリンスタンドは倒産をしてしまいます。

さらにレストランも家事で焼失をしてしまい、サンダースは自分のお店と資産のほとんどを失ってしまいます。
このとき既にサンダースは65歳を超えており、一旦は事業から身を引きます。

ですがサンダースには秘伝のレシピである「11スパイス」をもとに、それを使って売れたチキン1つあたり5セントを受け取るという商売をはじめました。

自ら多くのお店を周りチキンレシピの契約をとる営業を地道にしていった結果、73歳までに600店との契約を獲得したといいます。