マイケル・デル

DELL CEOのマイケル・デル氏、成功の秘訣

IT業界において先駆者とも評されるマイケル・デル氏は、日本でもユーザーが多いデルコンピューターのCEOです。

企業では利用しているところがあっても一般にはまだまだ普及が進まなかった1980年代に、パソコンを普及させた人材として評価が高く、現在セレブの仲間入りを果たしているマイケル・デルという人物はどんな人物なのか、またなぜこれほどまでに安定的な成功を収めているのか、その世界をのぞいてみましょう。

幼いころから興味を持つものが違った

マイケル・デル氏はテキサスヒューストンに、ユダヤ教を信仰する両親のもとに生まれた移民出身です。
幼いころから他の子どもとは全く違うものに興味をもっていたという彼は、テクノロジー、またその周辺機器などに大いに興味を持ち、15歳にはアップルコンピューターを自ら購入したといいます。
この購入したアップルコンピューターですが、彼は探求心が強く、なんと解体してどのようにして動いているのか?確認したといいます。

ビジネスにかけても幼いころから興味を持っていて、少年時代、新聞の電話営業をしていたという経歴があります。
ただし、電話をかけていくうち、社会的地位の高い人が新聞購読契約をしてくれるということに気が付きます。
そこで彼は、住宅ローンの申し込みなどの情報から新聞を購読してくれそうな世帯に営業していたといいますから驚きです。
しかもこのアルバイトで得たお金を株に活かしたり、貴金属に投資するなどして、中学生という年齢で180万円もの収入を得ていたといいます。

デルは寮で生まれた

こうしてビジネスに高い関心を持ち、また考える力を持っていた彼は、テキサス大学に進学、そこでコンピューターを構築、それを非常に安い金額で売買し、いよいよ大学寮でデルという企業が誕生しました。
それからたった8年という歳月で、デルは大成長を遂げ、マイケル・デルの名は大きく世界に広がります。

成功ばかりじゃない、でも常に前を向く姿がある

彼がいったんCEOを退いてから、様々な出来事があり、企業としての危機を迎えた時期、CEOに復活します。

再び個人事業となってしまったデルですが、それでもまたわくわくするような将来になると語っているデル氏の真髄は子供のころに見せた働き者で聡明な彼が源になっているのではと感じます。
大学で起業し、成功者として名を連ねたのも、働くことの素晴らしさ、努力することの美しさを体験してきているからでしょう。

好奇心とあきらめない心、さらに成功のためには努力が絶対に必要だということを理解されているからこそ、彼は将来に新しい世界を見ることができるのでしょう。
ビジネスの先駆者として走り続けているマイケル・デル氏は現在もポジティブで地道な成功者として君臨しています。