ビル・ゲイツ -Microsoft-

誰もが憧れる存在

ビル・ゲイツといえばビジネスの世界では最も成功した人物の一人といえるでしょう。
世界長者番付においては10年以上もトップに君臨し続けたことがあり、個人資産は日本円に換算すると6兆円を超えます。
誰しもが憧れる存在であり、その生い立ちや成功した秘訣などは誰もが知りたいことでしょう。

ビル・ゲイツはシアトルで生まれて、裕福な家庭で育ちました。
小学校を優秀な成績で卒業して、中学になるとコンピュータに興味を持つようになりました。
高校生の時には友人とともに会社を創業してさまざまなソフトを開発しました。

その後、ハーバード大学へ入学して、法学を專攻していたのですが、勉強には熱中できなかったそうです。
小説を読んだり、ポーカーをして遊んだり、これからの人生のことについて考えていました。
1975年にはBASICの移植を実現させて、マイクロソフト社を創業しました。

大学を休学して、アルバカーキに引越しをして、そこで会社を立ち上げたのです。
その後は、MS-DOSの開発をしたり、Windowsの開発をしたことによって、ビルゲイツの名前は世界中に知られることになりました。
当初はMacの方が優位だったのですが、1990年代の後半になると世界でナンバーワンの市場占有率となり、この業界でトップとなったのです。

マイクロソフトのCEOとしての立場は2000年の1月にバルマーに譲りました。
現在はテクノロジーアドバイザーとして活躍しています。

ビル・ゲイツの功績とは

ビル・ゲイツがすごい人であることは多くの人が理解しているでしょう。
しかし、具体的に何をしたからすごい人であるのかを正確に分かっている方はあまりいないのではないでしょうか。
まず、ビル・ゲイツというのはリアリストであり、実用的なものを次々と世に出しました。

たとえば、MS-DOSというのは実務能力がとても優れています。
当時の技術水準でできることをすべて可能にしたといえるでしょう。
あくまでもコンピュータは人間が使うための道具であると考えて、実用を最優先にしていたのです。

そのような商品が市場で高く評価されるのは当たり前のことでしょう。
だからこそMS-DOSやWindowsは世界中で高く評価されました。
一部の方にとってはマックの方が優れているという意見もあります。

Windowsはアップル社のパクリではないのかと考えている方もいるでしょう。
最初にこの世界を開拓していったのはスティーブ・ジョブズだったのですが、それを真似て、より現実的なものを多く生み出していったビル・ゲイツの方が結果的に大きな成功を収めたのです。
ビル・ゲイツの生み出したものはすべて大衆的なものであり、一部の方にとってはつまらないものかもしれませんが、世の中のほとんどの方は実用面を重視しているため、マイクロソフト社の製品は受け入れられたのです。

もちろん、ジョブズもこの世界の成功者であることには違いありません。
ビル・ゲイツとジョブズは単に方向性が違うだけであり、異なる思想に基づいたビジネスモデルを打ち出したのです。