スティーブ・ジョブズ -Apple-

こんな人

スティーブ・ジョブズは1955年に生まれました。
ジョブズは誕生する前から養子に出されることが決まっており、ジョブズ夫妻に引き取られました。
その後、1972年にはリード大学へ進学しました。

大学生の頃にはユダヤやキリスト、アニミズム思想などに心酔したため、大学の構内を裸足で歩いたり、お風呂に入らないこともあったそうです。
結局、大学を半年通ったのですが興味のない科目を履修することに抵抗感を示し中退しました。
ただし、中退後も興味のある科目は聴講していました。

インドに行って導師に会いたいと考えていたため、お金を稼ぐためにアタリ社を訪問しました。
その時には、雇ってもらうまで帰らないと言って、それが創業者に気に入られたためにそのままエンジニアとして採用されました。
後に、仲間と共同してコンピュータを開発して、それを自分達で売り出すことにしました。

そのコンピュータの名前がApple Ⅰです。
それから1977年にはApple Ⅱを販売してそれが大ヒットとなりました。
アップル社はこれによって有名企業として認知されるようになり、1980年には2億ドルを超えるほどの資産を手にしました。

1984年にはMacintoshの販売を開始したのですが、これは失敗しました。
その後、ジョブズは会長職以外のすべての仕事を1985年に剥奪されてしまいました。
そのため、ジョブズはアップル社の株を売却して、OSの開発やピクサー・アニメーション・スタジオの設立などを行いました。

1996年になると苦しんでいたアップル社がジョブズの設立していた会社を買収したため、ジョブズはアップルに復帰しました。
ジョブズは筆頭株主となったため、この時に経営陣のほとんどを辞任に追い込みました。
それからはジョブズが中心となってアップル社はどんどん発展していきました。

ジョブズの功績

上記のような人生を歩んできたジョブズなのですが、それでは彼はどのような功績を残したのでしょうか。
まず評価されるべきことはアップル社を設立したということでしょう。
ジョブズがアップル社を離れていた時期もあるのですが、アップル社は現在でも世界を代表する企業となっており大きな影響力を有しています。

ジョブズは常識破りなアイデアを次々と考え出していき、それが世に出ることによって、世界は大きく変わりました。
きっと、ジョブズという存在がいなければ、現代は違った時代になっていたかもしれません。
たとえば、デスクトップコンピュータやノートパソコン、iPod、MacOSなどの特許や意匠登録の数は300件以上となっています。

ジョブズは優秀な経営者であっただけではなく、エンジニアとしても優れていました。
彼によって生み出されたアイデアの数々は次々と実現しており、それらが現在のアップル社を今でも支えているのです。
今でも世界中に大きな影響力を与え続けています。