ジェフ・ベゾス -Amazon-

トップに君臨している

今では誰もが利用している通販サイトがAmazonです。
このAmazonのCEOであるのがジェフ・ベゾスです。
IT業界において、ジョブズはもういなくなり、ビルゲイツは一線から退いているため、ジェフ・ベゾスが実質トップに君臨しているといえるでしょう。

ジェフ・ベゾスは2014年時点で総資産がなんと320億ドルとなっています。
1964年にニューメキシコ州のアルバカーキで生まれました。
高校時代にはコンピュータに興味を持つようになり、プリンストン大学では計算機科学や電気工学を学びました。

大学を卒業した後は金融会社のIT部門で仕事をしていたのですが、インターネットを一般の方も利用するようになると予見して、特にeコマース事業がこれから発展していくと考えました。
そこで1994年にインターネット書店を開業し、翌年にはAmazonが誕生したのです。

この時期にインターネット・バブルがあり、ジェフ・ベゾスは大成功を収めて時の人となりました。
2000年にはブルーオリジンという民間宇宙開発の企業を設立しました。
21世紀になるとAmazonはより多くの方が利用するようになり、実店舗を脅かすほどの存在となりました。

本だけではなくてどんなものでも売るようになっており、世界最大の小売業者といえるでしょう。
ハードメーカーとしても注目されており、電子書籍リーダーに関しては市場トップとなっています。
低価格のタブレットを販売しており、その分の損失はコンテンツ販売によって回収できるというビジネスモデルがあるため、普通のハードメーカーには真似ができない方法を採用しています。

Amazonが成功した理由とは

ジェフ・ベゾスはAmazonがどうして成功したのかについて、いくつかの秘訣を語っています。
まず、顧客中心であることを重視しています。
そして、他社にはない独自の新しいものを長期的視野を持って開発しています。

これらはほとんどの企業が実践できていないことなのです。
多くの会社は顧客のことよりもライバルである競合他社のことばかり見ています。
また、数年試してみて結果が出なければすぐに諦めて別のことを初めてしまいます。

短期的な結果に一喜一憂している企業が多い中で、Amazonは長期視野を持ちながらビジネスを進めていきました。
インターネットが世界を変えると一貫して主張しており、それが成功の秘訣となったのです。
2000年にはネットバブルが崩壊したためにAmazonはもう駄目だという風潮があったのですが、その時点でも将来Amazonが多くの方から評価されると考えていたようです。

売上高が伸びていないからといってすぐに諦めるようなことをせず、先見の明を持って行動してきたことが、Amazonを現在のような大企業へと成長させたのでしょう。
Amazonは現状に満足せず、ジェフ・ベゾスは色々な戦略を考えながら新しい可能性を探っています。