マーク・ザッカーバーグ -Facebook-

2010年、最も若い億万長者10人に選ばれる

最近注目されている実業家の一人がマーク・ザッカーバーグです。
彼はFacebookを開設したことによって、世界中に大きな影響を与えました。
ハーバード大学に在籍している頃に他の学生たちと協力をしながらFacebookの開発に取り組んだのです。

現在、マーク・ザッカーバーグはFacebookのCEOとして活躍しています。
生まれはニューヨーク州のウェストチェスター群ホワイトプレインズであり、父親は歯科医、母親は精神科医です。
マーク・ザッカーバーグは2003年に友人とともに音楽再生のためのフリーソフトのサービスを開始させました。

こちらは高い評価を受けて、実際にいくつかの会社が興味を示したのですが、取引は行いませんでした。
その後、ハーバード大学へ入学してからもさまざまなプロジェクトを進めました。
そして、大学在学中にFacebookを立ち上げてから中退しました。

2010年にはフォーブスにより世界で最も若い億万長者10人に選ばれました。
その当時で推定資産は40億ドルとされています。
また、2012年には推定資産が175億ドルとなり、Facebookの成功によってどんどん資産が増えました。

Facebookといえば知らない人はいないほどのサイトであり、ソーシャルネットワークの世界において革命を呼び起こしました。
今ではユーザーが世界中に数億人いるとされています。

マーク・ザッカーバーグが大切にしていること

マーク・ザッカーバーグは成功をするために大切にしていることがいくつかあります。
まず、リスクを取らないことの大切さを訴えています。
世界というのは常に変化をしており、そのスピードはとても早いです。

そのような環境の中で確実に成功を収めて、失敗をしないためにはリスクを取らないという戦略が大事だと考えています。
また、常に自分が最重要だと思っていることに時間を使うことが大切だと言っています。
時間の使い方として本当に満足できるのは、自分が大切だと思っていることに向き合っている瞬間だと主張しているのです。

このような考え方でビジネスに取り組んでおり、その結果が今の成功につながっているのです。
もちろん、上記のような考え方で誰もが行動したからといって、マーク・ザッカーバーグのようになれるとは限りません。
けれども、成功者の考え方を知り、それを参考にすることはとても意味のあることでしょう。

楽しく生きることが大切だと考えており、そのためにみんなが驚くようなことをしたいと望んでいます。
情報を共有することが多くの方にとって価値となると考えており、その結果がFacebookという新しいサービスを生み出しました。
これからもマーク・ザッカーバーグには注目していきましょう。

Facebookはこれからもさらに進化を続けていくでしょう。
また、Facebookとは異なるサービスも次々と生み出していくことが期待されています。