ジャック・ドーシー -Twitter-

8歳でマッキントッシュに触れた

ジャック・ドーシーといえばTwitterの創業者として有名であり、モバイル決済のSquareの創業者でもあります。
今、世界中に大きな影響を与えている起業家といえるでしょう。
1976年にセントルイスで生まれ育ったジャック・ドーシーは8歳の頃に初めてマッキントッシュに触れました。

その後は14歳の時にタクシー会社で今でも使われているソフトウェアを開発しました。
ニューヨーク大学へ進学したのですが中退しています。
2000年には会社を設立しました。

その会社はウェブ上で救急サービスやタクシーを派遣できるサービスを提供していました。
そして2000年の7月には、リアルタイムで自分のことを知人に知らせたり、知人の状況が把握できるような新しいサービスの可能性に気が付きました。
その後はTwitterのプロトタイプといえるものを作成しました。

2006年からはエヴァン・ウィリアムズらと一緒に現在のTwitter社を設立しました。
2009年にはモバイル決済でとても便利なサービスであるSquareを開始しました。
2013年にはウォルト・ディズニー・カンパニーの取締役に任命されて、起業家のトップとなったのです。

シリコンバレーにおいてTwitterとSquareという大企業を生み出したジャック・ドーシーの実力は認められています。
すべてが上手く進んだわけではないのですが、過去の失敗を反省しながらそれを未来に上手く活かしています。

ジャック・ドーシーが成功した理由

ジャック・ドーシーは失敗を恐れず常に前を向いて進んでいます。
Twitterの場合はネット上の一つのサービスであり、それはどの国からも規制されるようなことはなく、順調に発展していきました。
しかし、Squareの場合は決済サービスであり、さまざまな規制を受ける可能性があります。

そのような困難な道であってもジャック・ドーシーは進んでいき、きちんと準備をした上でSquareのサービスを打ち出しました。
必要な人材を経営者に揃えて、多額の出資金を受けて、準備万端な状態で決済サービスの世界は足を踏み入れたため、失敗することがなかったのです。

ジャック・ドーシーは第2のジョブズと称されることがあります。
完璧主義であり、ユーザー志向の考えによってさまざまなアイデアを出すことからジョブズと比較されるようになったのです。
ジャック・ドーシーは新しい起業家像を実現している存在であり、世界中から注目されています。

これからもTwitterやSquareだけではなくさらなる便利なサービスを生み出していくでしょう。
常に変化を恐れずにここまでひた走ってきたジャック・ドーシーだからこそ生み出せるものがあるはずです。
ジャック・ドーシーは柔軟に自分の考え方を変えていき、より良いものを生み出そうと貪欲に行動してきました。
その点がジャック・ドーシーの今日の成功を実現させた理由の一つといえるでしょう。