ジェリー・ヤン

大手検索サイト・ヤフーの創始者

今日本でも多くの方がインターネットの検索サイトとして利用しているYahooですが、このYahooを作り出したのがジェリー・ヤンという方です。
ジェリー・ヤンとデビッド・ファイロという方が作り出したこの検索サイトは、優良なホームページを一覧化したものを作り上げました。

このホームページを一覧化したサイトが優れていたのは、一覧化したサイトを検索しやすくするために、ジャンル分けしたという点にあります。
探したいサイトがジャンルに分かれているので検索しやすく、多くの方が当時、Yahooを利用するようになり、1995年になってYahoo Incという企業が設立したのです。

この魅力的なサイトを見出したのが有名なソフトバンク社長、孫氏です。
Yahooが優れたビジネススキルを持ち、この先きっとさらに人気が高くなると考え、Yahoo Incに出資を行い、採取的に合弁となり1996年にヤフー株式会社として誕生しました。

ジェリー・ヤンはもともと優秀な人物だった

台湾の台北市に生まれ1978年にアメリカに渡ったジェリー・ヤンは、英語が苦手だったのですが、たった3年で英語をマスターし、高校で成績有鬚だったため、優秀な生徒のみ履修できるクラスにおかれ、その能力を磨きます。
その後、スタンフォード大で電気工学を学び、理学博士と理学修士号を取得、このときともに博士課程に在籍していたデビッド・ファイロと一緒に、ウエブサイトの新しい形を開発し始め、企業から資金提供などを受けて、Yahooが誕生しました。

頭がいいけれど、ごく普通の大学生だった彼らはこのことで、一躍資産家となったのです。
現在はYahooのキャリアに終止符を打ちましたが、彼が残した功績は非常に高いものとして、知名度の高い有能な人物として世界にその名を知らしめています。

ポータルサイトの先駆けだった

Yahooは、現在世界中の人がインターネットの玄関として利用していますが、当初、このインターネットの玄関が登場したことで、より検索しやすくなり、インターネットを利用される方が非常に多くなりました。
サイトの一覧化を行い、しかも検索しやすい状態にしたことで、情報をいつでも集めることができるという状態になり、家庭にも一気にインターネット環境が普及しました。
玄関という意味を持つポータルサイトといわれるようになったYahooは、さらに機能が充実し、地図データ、さらに地域情報の提供など幅広い活動を行っています。

Yahooは玄関という意味を持っているという点でも、非常に一般に近いというイメージがありますし、個人が利用しやすいサイトとして、多くのユーザーが検索、またショッピングなどにも利用されています。
画像などを見るだけではなく、様々な情報を得ることができるようになったのもジェリー・ヤンが友人とともにこのポータルサイトの先駆け的なサイトが誕生したからです。